LINE@ 情報 LINE@で稼ぐ!勉強会

LINEの従量課金制度でどうなる?(LINE専門家より)

投稿日:

サルわかLINE@スクール校長(LINE@プロデューサー)
&ホンマルラジオ池袋局 代表の岩男です。

もう受け取りましたか?
150名以上の方がすでに受け取っています
↓ 受け取り方は画像をタッチで確認できます

→ https://peraichi.com/landing_pages/view/uketori

LINE@からLINE公式アカウントへの
”移行案内”が表示されている方が、増えています。

ということは、質問・相談も必然的に増えているわけで。

でですね、やはり多い内容が、
============
お金がかかるんですよね?
============
というザックリ質問。

ということで、まずはこちらの動画をご覧ください。


1月に収録していた動画ですが、最近になって再生回数が増え始めている。。。

==========
料金プランのポイント
==========

・移行後のプランは3つ
*フリー(無料)、ライト(5,000円)、スタンダード(15,000円)

・一斉配信可能通数
*フリー(1,000通)、ライト(15,000通)、スタンダード(45,000円)

・可能通数の超過料金
*フリーは1,000通を越えると配信できなくなるため0円
*ライト(5円/通)、スタンダード(〜3円/通 段階式になります)

========
1通の定義の変更
========
・LINE@もLINE公式アカウントも、一回の配信設定で3吹き出しまで可能
・その場合、LINE@は3通とカウントだったものが、LINE公式アカウントは1通とカウント

=======
移行前の注意点
=======
・有効友だち数*月間配信頻度を計算
・それによって見込み配信数を把握
・適正なプランで移行

=====
料金計算例
=====
(例1)
(有効友だち 500人)×(30日配信)=15,000通
*このパターンはライトプラン(5,000円)で収まりますね

(例2)
(有効友だち1,000人)×(30日配信)=30,000通
*このパターンは15,000通超過につき、15,000通×5円=75,000円が従量課金対象
→ ということは、このパターンはスタンダードプランにすべきということですね

細かな計算式で考えると、
”毎日配信する人”は、有効友だちが567人を超えた時点で
スタンダードプランへ移行すればOKです。

どうでしたか?
毎日配信して、567人の有効友だちがいる状態になって、
初めて15,000円のプランを選択する段階です。
数日に1回配信パターンや、567人以下の場合は、
5,000円プランで十分ということです。

尚、移行前後の注意点は料金以外にももちろんあります。

LINE@から進化を遂げて、
ビジネス成果に更に繋がりやすくなったLINE公式アカウント。

いかに早く慣れて、使うかが1ヶ月後、3ヶ月後、半年後の
あなたのビジネスの発展に大きく影響してきますよ。

岩男が直接開催している、こちらの勉強会へ一度ご参加ください。
参加された方には、「LINE公式アカウント スタートアップマニュアル(応用編)
プレゼントしています。

→ https://peraichi.com/landing_pages/view/linebenkyoukai

■LINEビジネス情報配信中■

→ http://nav.cx/aggmQtX
(追加画面が出ない場合は @lineiwao で検索登録)
 
《登録特典》
(1)LINE公式アカウント スタートアップマニュアル〜基礎編〜(PDF)
(2)反応の取れるタイトルテンプレート5個(PDF)
(3)Amazon電子書籍「サルでもわかるLINE@カフェ」(PDF版)
(4)サルでもわかるZoom最初の1歩(PDF)
(5)秘密の特典

■サルわかLINE@スクール」講師募集■

http://bit.ly/2CRh6aJ

-LINE@ 情報, LINE@で稼ぐ!勉強会

Copyright© LINE@で稼ぐ!LINE@プロデューサー岩男秀一 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.